原状回復工事の見積りなら、飯田内装へ

 
  トップページ店舗工事オフィス内装原状回復工事お問い合わせ  
  相見積もり歓迎 飯田内装  
 

相見積もり歓迎 飯田内装 TOP  コラム・原状回復

 
 

コラム 原状回復

相見積もり歓迎 飯田内装 「原状回復」

原状回復の見積りはいくらがベスト?少しでも安くするための最適な方法

賃貸マンションやオフィス、飲食店の店舗を借りている人は、何かの理由でその物件を退去するときがやってくることでしょう。

そのときに、かならずやっておかなければならないことがあります。

それが原状回復です。

今までは自分たちがその物件を利用していたが、退去すればいずれは別な人が入居します。

新しい人がそこを借りようと思たったときに、前のままで汚れていたり壊れていたりすると借りる気もなくしますし、気分のいいものではありません。

そこで原状回復をすることが重要になってきます。

ここでは現状回復をする際に、借主が負担するのか、貸主が負担をするのか。

また賢く見積りする方法をお伝えしますので、参考にしてみてください。

ページの先頭に戻る

原状回復とはどういうもの?

原状回復とはどういうもの?

そもそも原状回復とはどういうことを意味するのでしょうか。

原状回復とは、簡単に言いますと借りてる物件を退去するときに、入居時の状態に戻すことを表します。

一般常識で考えると、使ったものは元に戻す、というように借りたものもしっかり元に戻すことが当然といえます。結果的に原状回復をせずにそのまま退去し、次の人が入居するとトラブルのもとにもなりかねません。

次の人にも気持ちよく使ってもらうために、原状回復をしなければならないわけです。

ページの先頭に戻る

原状回復は誰がどこまでやる必要があるのか

原状回復は誰がどこまでやる必要があるのか

ひとくちに原状回復と言っても、実際には誰がどこまで元に戻すべきなのかを迷われるのではないでしょうか。

借りてる側なのか貸す側が負担をするのか。もちろん、契約内容によって異なってきますが、通常は国土交通省のガイドラインによって決められます。

ですから、設置した家具や配線類などを撤去しただけでは事足りません。

例えばタバコのヤニなどで黄ばんでしまった壁紙や不注意による壁や床の傷なども、原状回復をしなければなりません。

  • 【マンションやアパート】

  • 居住を目的としたマンションやアパートは、誰もが住んだことがあることでしょう。

    退去時に予想以上の費用を請求されてしまい、びっくりしてしまうことも。

    しかし、マンションやアパートを管理している側からすれば次の入居者のことを考えなければなりません。

    極端な話ですが、以前の入居者が故意に開けた壁の穴がそのままにしてあったり、汚れがひどかった場合は、次の人は入居しようとは思わないはずです。そこで、原状回復を行い綺麗にして次の入居者に気持ちよく利用してもらうというわけです。

    ちなみに、借りた側で支払い義務が発生しないケースがあります。例えば、太陽の光による壁や床の変色、元から設置されていた設備の寿命によって使えなくなったものなど。

    これらは、あくまで自然で防ぎようのない事象が起きてしまったというケースです。

    逆に、借りた人が床を傷つけてしまったり壁に穴をあけてしまった場合は、借りた側が原状回復の負担をしなければなりません。

    引越しで家具を運んだ際にできた傷や、壁に釘を刺したことによる穴などが該当します。

  • 【オフィスや飲食店】

  • 住むことを目的としている個人ではなく、オフィスや飲食店の場合は事業主ということもあり、原状回復の条件が異なる場合があります。

    基本的には、事業主は消費者保護法に該当しないため借りた側が原状回復の費用をすべて負担することが多いです。

    例えば、オフィス用にはられた床や壁をはじめ、事業に必要な設備など。

    また、電話回線や不要になった廃棄物の処理などが該当します。

ページの先頭に戻る

原状回復を行うことによるメリットとは

原状回復を行うことによるメリットとは

建物を貸している側からすれば、原状回復はかならずやっておきたいものです。

しかし、改めて原状回復を行うことによるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 【入居率が高まる】

  • やはり過去の入居者たちが故意に汚していったり壊していったものがどんどん増えると、次の入居者からの印象がとても悪くなってしまいます。

    当然、いつまでたっても次の入居者が決まらずに途方に暮れてしまうものです。

    ですが、原状回復を行うと新築に近い状態で見せることができるため、次の入居者が気に入ってくれる可能性が高くなります。

    実際のところ、外観は築年数相応だったとしても、室内が綺麗であれば入居率が高まる傾向にあります。

  • 【資産価値を維持できる】

  • 原状回復工事を行うときに、室内の状況を細かくチェックします。

    つまり、原状回復を行うということは、メンテナンスをするということでもあるわけです。

    入居者が変わるたびに原状回復を行うことで、悪いところをぜんぶ綺麗にするため建物の資産価値を落とすことなく、しっかり維持ができることでしょう。

  • 【コストを抑えられる】

  • 実は、原状回復工事を行うことでランニングコストを抑えられるということをご存知でしたでしょうか。

    なぜなら、原状回復工事を行うことで室内が綺麗になるため、次の入居者がはやく決まる可能性が高くなるからです。

    極端な話、原状回復をしなかったとしたら次の入居者がなかなか決まらない、なんてことにも。

    そうなってくると、入居者募集などの広告費を使わないといけなくなるため、結果的に長期化してしまい、ランニングコストがかさんでしまうというわけです。

    原状回復の費用はどうしても必要ですが、今後のことも考慮して、見積りを取って施工するのがベストといえるでしょう。

ページの先頭に戻る

原状回復の内容について

原状回復の内容について

実際に原状回復をお願いするとなった場合、どんな施工をするのでしょうか。

まずは、ハウスクリーニングです。

ハウスクリーニングはその名の通り、修繕よりも部屋を綺麗にするための掃除をすることを表します。人が住み続けると、どうしても臭いがついたり汚れたりしてしまうところが多々あります。

例えば水回りのキッチンやトイレ、お風呂などです。

退去前に住人が掃除をすることも多いですが、それでも普通では取りきれない汚れやゴミがたくさんたまっているのが当たり前です。それらを入居時のように綺麗にクリーニングをすることで、次の入居者が気持ちよく利用してくれます。

次に壁紙の張り替えを行います。

どうしても壁紙というのは生活臭を吸収してしまいますし、太陽の光によって変色してしまうこともあります。そこで壁紙の張り替えを行うことで、以前の住人の生活臭と変色が消え新しい住人を迎えることができます。

ほかにも、和室があれば畳や障子などを入れ替えたり、劣化の激しい箇所の修繕を行います。

ページの先頭に戻る

原状回復の見積りなら「飯田内装」にお任せ

原状回復の見積りなら「飯田内装」にお任せ

原状回復の見積りなら「飯田内装」にお任せください。

飯田内装では、営業コストを下げることで工事費用を大幅にカット。

中間業者を取り除くことで余計なコストもカットしました。また、工事を長年経験してきた職人が担当するため、高品質で低価格な原状回復工事を提供できます。

東京、千葉、神奈川、埼玉で工事業者をお探しの方。

見積り無料の「飯田内装」にお気軽にお問い合わせください。

  •  原状回復の見積りまとめ

  • 入居者が退去すれば原状回復をしなければなりません。

    それは建物を綺麗にして次の入居者がはやく決まり、そして気持ちよく使ってもらいたいからです。

    しかし、原状回復の見積りに不安があったり納得いかないこともあるはずです。

    そんなときには、飯田内装にお任せいただければ、高品質で低価格の原状回復工事を提供いたします。 

見積り無料・スピード対応・最安保証

相見積もり歓迎 飯田内装

ページの先頭に戻る

 
 

店舗工事・オフィス内装・原状回復工事
「飯田内装」

TOP  店舗工事  オフィス内装  原状回復工事

コラム・店舗改修  コラム・店舗内装
コラム・飲食店内装  コラム・オフィス内装  コラム・原状回復

【営業エリア】東京・千葉・神奈川・埼玉の全域

〒279-0041 千葉県浦安市堀江6-12-35

TEL 080-5427-5252

見積り無料

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

copyright 相見積もり 飯田内装. All right reserved.