店舗改修の見積りなら、飯田内装へ

 
  トップページ店舗工事オフィス内装原状回復工事お問い合わせ  
  相見積もり歓迎 飯田内装  
 

相見積もり歓迎 飯田内装 TOP  コラム・店舗改修

 
 

コラム 店舗改修

相見積もり歓迎 飯田内装 「店舗改修」

店舗改修の見積り費用ってピンキリ!?安くて高品質な工事をするためのチェックポイント

今ある店舗で何年も何十年も運営できたらいいですが、建物の老朽化はもちろん、めまぐるしく変わる時代の変化によって店舗そのものが古臭くなってしまいます。

結果的に集客ができなくなってしまい、細々とお店を続けることになりかねません。

そこで心機一転、店舗改修を行い新たなお店としてスタートしたいというオーナー様が非常に増えております。

今回は、店舗改修で気になる見積りについてお話しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ページの先頭に戻る

店舗改修をしなければならない理由

店舗改修をしなければならない理由

そもそも、今あるお店をなぜ店舗改修をしなければならないでしょうか。

  • 【店舗のイメージアップ】

  • やはりお店を構えている以上は、売上も集客もどんどん増やしていきたいというのが本音ではないでしょうか。

    逆にお店をつぶしたいから運営しているなんて人は絶対にいません。

    店舗の外観や内装がイメージ通りになって、お客様からも好評で理想どおりの業績を達成できれいればいいのですが、実際には多くのお店がそうはいきません。

    ・お客様であれば、お店に行って良かった、また来たい
    ・スタッフであれば、働きやすいお店がいい
    ・オーナーであれば、売上、知名度、集客をもっと増やしたい

    など、さまざまな思いがあることでしょう。

    そこで、店舗改修をすることで、あらたなスタートが切れるとともに、イメージアップも期待できるというわけです。

  • 【商品やサービスを変えたい】

  • 店舗改修をする理由のひとつに、商品やサービスを変えたいという場合もあります。

    例えば、お店を運営しているとどうしても時期や流行、場所によって思うように商品やサービスが売れないことがあります。

    そのまま見過ごしていると売上げは徐々に下がり、いずれは赤字に転落してしまう可能性もあるため、商品やサービスを変更したいと思うわけです。

    商品やサービスをガラリと変えるためには、今ある店舗をそのまま使うわけにもいきません。

    やはり来店していただくためには、商品やサービスに対するイメージと言うものが必要不可欠です。

  • 【店舗そのものが老朽化してきた】

  • 長く店舗を運営していると、ここかしこにガタがきてしまうものです。

    それは店舗や戸建て、マンションであっても同じです。

    店舗が老朽化してくると、不衛生に見えたり、安全上問題が出てしまいます。

    それは、お客様やスタッフにとって、心地の悪いお店として感じられるため、放置するのは絶対によくありません。

    店舗の老朽化に気付いたのであれば、早急に店舗改修を検討しましょう。

ページの先頭に戻る

店舗改修をするコツ

店舗改修をするコツ

むやみに店舗改修をするだけでは、費用も時間も無駄になってしまいます。

そこで、店舗改修をするコツについてお話します。

  • 【今の問題点をすべて洗い出す】

  • 店舗改修をするにあたり、現状何が問題あるのか、どうしたいのかをしっかりと考えなければなりません。

    なぜなら、気分やその場の思い付きで店舗改修をしても、結局無駄になったなんてことになるからです。

    例えば、全然集客アップにつながらなかった、かえってスタッフが動きにくくなってしまった、といった結果を招きかねません。

    せっかく費用をかけて店舗改修をするのですから、明確な目的に沿ってしっかりと検討することが重要ではないでしょうか。

  • 【店舗改修の見積り分の回収期間を考える】

  • 店舗改修は、場合によっては結構な費用がかかることもあります。

    ですからその店舗改修費用が、いつになったら回収できるのかを考えなければなりません。

    極端な話ですが、店舗改修に1,000万円かかったとして、回収に20年も30年もかかってしまうようでは元も子もありません。

    今までの売上を加味しつつ、どれくらいの費用をかけても大丈夫なのかを推測し、適切な見積りを出してもらうのがベストと言えるでしょう。

  • 【リニューアルのキャンペーンをうつ】

  • せっかく店舗改修をするのですから、それだけで終わるのは非常にもったいないです。

    お店を休業して大がかりな店舗改修をする場合には、リニューアルなどの言葉に敏感に反応する人がとても多いこともあり、店舗改修が終わればリニューアルのキャンペーンをうつと、宣伝効果も高まります。

ページの先頭に戻る

店舗改修の見積りをとる際の注意点

店舗改修の見積りをとる際の注意点

店舗改修にあたり、見積りをとる際の注意点について見ていきましょう。

  • 【店舗改修の規模によっては営業を休止しないといけない】

  • 当たり前ですが、店舗改修の規模が大きくなればなるほど、営業中に工事をするのが難しくなってしまいます。

    つまり、店舗改修の規模によっては休業しなければならないということです。

    休業の期間が長くなればなるほど、売上が減ってしまうため、この期間のことも考えておかなければなりません。

  • 【店舗改修の見積り時に予算を提示しておく】

  • 店舗改修の予算が仮に100万円だった場合、1,000万という見積り額を提示されたら、オーナー様にとっても工務店にとっても、見積りにかけた時間が無駄になってしまいます。

    自分の思いや理想を追求すればするほど、見積り額は高くなっていきます。工務店に予算を事前に伝えておけば、最適な提案をしてもらえるはずです。

  • 【見た目だけではなくメンテナンスのしやすさも考慮する】

  • 店舗改修をするにあたり、お店の見た目がとても重要というのは言うまでもないでしょう。

    しかし、見た目だけにこだわってしまうと、あとあと困ることがあります。

    それは店舗改修後に、しっかりメンテナンスができるかどうかです。

    つまり、清潔感を保てるのかどうかが重要になってきます。

    ですから、いかに掃除がしやすいのか、メンテナンスがしやすいのかも考慮することが大切ではないでしょうか。

ページの先頭に戻る

店舗改修の見積りなら「飯田内装」へ

店舗改修の見積りなら「飯田内装」へ

店舗改修の見積りなら「飯田内装」にお任せいただければ、どこよりも安く満足のいくご提案をさせていただきます。

東京、千葉、神奈川、埼玉で工事業者をお探しの方。

見積り無料の「飯田内装」にお気軽にお問い合わせください。

対応工事:天井、壁、間仕切り、クロス、棚、建具、床、厨房、電気、空調、ダクト、配管、水道、水回り、看板、外壁など工事全般。

当社では、営業担当や中間業者をおいていないため、大幅なコストカットを実現。

しかも、ベテランの職人が在籍しているため、品質にも自信があります。

  •  店舗改修の見積りまとめ

  • 店舗改修をしたいと思っても、内容によってはかなりの費用になってしまうため、なかなか前へ進めないのではないでしょうか。

    もし、店舗改修を検討しているのであれば、一度飯田内装にお問い合わせください。

    納得の見積りと丁寧な施工で、店舗改修を承ります。

見積り無料・スピード対応・最安保証

相見積もり歓迎 飯田内装

ページの先頭に戻る

 
 

店舗工事・オフィス内装・原状回復工事
「飯田内装」

TOP  店舗工事  オフィス内装  原状回復工事

コラム・店舗改修  コラム・店舗内装
コラム・飲食店内装  コラム・オフィス内装  コラム・原状回復

【営業エリア】東京・千葉・神奈川・埼玉の全域

〒279-0041 千葉県浦安市堀江6-12-35

TEL 080-5427-5252

見積り無料

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

copyright 相見積もり 飯田内装. All right reserved.